ウェブ上で使えるコーパスの紹介など

4/22 までのスライドをアップしました。紹介したウェブ上のコーパスのうち、フリーで使えるものを試用してみてください。また、利用申請の必要なものや有料のものでも、将来的に継続して使いたいものがある場合は、利用を検討してみてください。

コーパスは有料のものもありますが、個人での購入が難しくても、研究室単位での購入など可能かもしれません。場合によってはすでに図書館などにDVDの所蔵があったりする可能性もあります。

また、授業中には触れませんでしたが、コーパス日本語学ワークショップのウェブサイトからも、最近の研究事例を多く見つけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>